更年期障害とは

更年期障害とは?

更年期障害になるとどんな症状が表れるのでしょうか?

 

 

女性なら誰でもなり得る更年期障害ですが、
具体的にはどんな症状が出て、どういう病気なのでしょうか。

 

更年期障害についてご紹介いたしますね。

 

 

更年期とは?

更年期障害 画像

 

そもそも更年期とは何歳から何歳まで、どの時期を指すのでしょうか。

 

これは人それぞれ個人差がありますが、
大体閉経前後の10年程と言われています。

 

年齢にすると40代〜50代半ばくらいが更年期にあたるそうです。

 

 

更年期障害の諸症状

更年期障害 画像

 

閉経が近くなると女性の卵巣機能が低下していきます。

 

また、女性ホルモンのエストロゲンの量が減少しますが、
脳は変わらずにエストロゲンを分泌せよと命令を出し続けます。

 

このバランスの崩れが原因で起こるのが更年期障害の症状です。

 

一言で更年期障害と言っても、症状はたくさんあり、
それも人によって違います。

 

代表的なものですと、火照りや発汗、倦怠感、頭痛、肩凝り、
便秘、関節痛など身体の不調が挙げられます。

 

また、精神的な不調も更年期障害として表れてきます。
イライラ、不安感、鬱症状などがあります。

 

どれか一つの症状が表れることもありますが、
いくつかが組み合わさって表れることもあります。

 

40歳を境に体調が優れない、精神的に不安定なことがある
思い当たる方は更年期障害の症状かもしれません。

 

 

では、中でも特に多い症状について詳しくご説明します。

 

 

火照り、発汗

更年期障害 画像

 

上半身は暑いのに、下半身は冷えているという症状を
ホットフラッシュと呼びます。

 

特に暑くもないのに汗をかき、その汗がべたついたり
嫌な臭いがしたりすることが特徴です。

 

冬でも寝汗をびっしょりとかいてしまうこともあるそうです。

 

たかが汗、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
汗をかくと体力を消耗してしまいますし、疲れやすくもなります。

 

ひどい方だと日常生活に影響の出る方もいらっしゃるそうです。

 

 

鬱症状

 

今まで出来ていたことが出来なくなったり、興味を無くしたり、
倦怠感で身体が動かないなど更年期障害の中には鬱症状もあります。

 

40歳を過ぎるまで仕事や家事、育児など様々なことに追われ、
真面目に頑張ってきた方が特になりやすいそうです。

 

鬱の症状が表れたら決して頑張り過ぎず、
心身ともに十分な休息をとることが必要です。

 

 

めまい

 

更年期の女性の多くが感じる症状がめまいです。
3人に1人がその症状を感じているほどなんだそうです。

 

ですが、めまいには種類がありその原因もそれぞれ違います。

 

 

目の前がぐるぐると回る回転性のめまい

更年期障害 画像

 

カルシウム不足が原因で起こるめまいです。
めまいが起こっても30秒〜1分ほどで治まることが多いそうです。

 

 

船の上にいるような浮動性のめまい

 

雲の上を歩いているようなふわふわとした感覚に陥るのが
浮動性のめまいです。

 

これは長時間続くこともあり自律神経が乱れていたり、
心因性の病気が原因で起こると言われています。

 

 

目の前が暗くなる眼前暗黒感のめまい

更年期障害 画像

 

その名の通り目の前が真っ暗になるめまいです。
血圧が低かったり長時間立ちっ放しでいるとなります。

 

 

このようにめまいには種類がありますが、
更年期障害の症状だからといって慢性化しても放置しては
いけません。

 

メニエール病や突発性難聴、脳卒中など
恐ろしい病気が起きているサインかもしれないのです。

 

いつものことだ、と放っておかずにめまいを感じたら
医師へ相談し、しっかりと検査してくださいね。